ビットコインとは?仮想通貨の代表格BitCoinについて解説-ガッツリ狙う!仮想通貨ナビ

そもそもビットコインとは?

ビットコインとは

ビットコイン

通貨単位:BTC (1 satoshi=0.00000001BTC)
時価総額:約27兆1,326億円(第1位)
価格:1,616,403円前後(1BTC)

参考:https://coinmarketcap.com/ (2018年1月現在)

ビットコインは、仮想通貨の中で一番最初に生まれたお金です。
1円、1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と数えられます。

ビットコインは、2009年にサトシ・ナカモトという人物が発表した論文を元に開発されました。

仮想通貨のことを詳しく知らなくても、聞き覚えがあるという方は多いのではないでしょうか。

現在ある仮想通貨のうち、一番有名で取引量が多いのがこのビットコインなのです。

先日、実際の店舗で使用できるようになったと報道されましたが、海外ではレストラン・ファーストフードでも利用できるほど身近になってきています。

仮想と言うからには実際には存在せず、データとしてそこにあるだけなのですが、なぜここまでビットコインは世界的な広がりを見せているのでしょうか?

ビットコインの仕組みとともに、その特徴についても説明していきます!

ビットコインはどうして使われるのか?仕組みと安全性

ビットコインの仕組みと安全性

まず、ビットコインには中央で管理する国や銀行のようなものが存在しません。

そうなるとお金としての価値はどこの誰が保証するの?という疑問が出てきてしまいます。

その答えは「世界中のネットワーク」です。

仮想通貨とブロックチェーン

ブロックチェーンは、1から解説するには難しい仕組みですが、
簡単に言ってしまえば「10分ごとにビットコインの発行や取引のデータを1つのブロックに記録し、改ざんできないようにチェーンのように繋いだもの」です。

この記録には取引履歴や、いくら所持しているかなどの情報が全て含まれています。

ネット上のハンドルネームのように匿名ではありますが、全ての人が見られるよう常に情報は公開されることになります。

そして、このデータは世界中のネットワークの中に分散されて保存されています。
そのため世界の不特定多数の人がいつでも見ることができる状況なのです。

仮に誰かが偽札のように、大量の偽ビットコインを持っていると言って不正をしようとしたとしましょう。
コインの枚数についての正しい情報はブロックチェーン上に記録されているため、騙すことは出来ないのです。

同時に、「データだから盗まれたり、消えてしまうのでは?」という問題への対応としては、「オフライン上で保存する」というものもあります。

このようにビットコインの信用・安全性が保たれています。

ブロックチェーンの仕組みはお金だけでなく、アプリ開発や公共サービスにも利用しようとする動きが近年出てきています。

ビットコインは発行枚数が決まっている

ビットコインは発行枚数の上限が決まっている

ビットコインは発行枚数の上限が2100万枚と定められています。

これは金の埋蔵量を意識していると言われています。
現代までの経済の歴史をたどっていくと、上限がない通貨はその価値を失ってしまう傾向が強いです。

例えば日本で考えるなら、政府が1万円札をたくさん刷って流通量を増やし続けたとします。
世間は1万円札で溢れ返るようになってしまいました。
そうすると、急激に1万円札の価値が下がってしまうインフレ現象を起こしてしまう可能性もあります。

逆に発行数にストップがかかるとすると、お札1枚の価値は上がっていきます。

ビットコインは上限が決まっている通貨ですので、人気の急上昇と一緒に1BTCの価値も上がり続けています。
その額は数百万にまでのぼるほどです。

「1枚買うのにそんな大金用意できない!」と思われるかもしれませんが、
ビットコインは仮想通貨ですので、
0.1枚や0.01枚、0.001枚という細かい購入も可能です!

その場合は1000分の1の数千円程度の資金から購入が出来ます。

最小売買単位で取引所を比較
⇒ おすすめ仮想通貨取引所一覧

因みに最小単位は1Satoshi(=0.00000001BTC)です。

※1BTCの1億分の1に当たります。
1BTC=100万円であれば、1satoshi=0.01円です。

これはビットコインの生みの親である「サトシ・ナカモト」氏が
由来になっています。

日本で有名になったきっかけは
「マウントゴックス事件」

ビットコインのマウントゴックス事件とは

ビットコインが日本中の人々に知られるきっかけになった事件があります。
マウントゴックス事件」です。

当時、マウントゴックス社で
115億円相当のビットコインが消失したと報道されました。

しかし本当は、報道されたように全てハッキング・不正アクセスの影響よるものではありませんでした。

マウントゴックス社の管理体制のずさんさが原因であることと、
なくなった9割が社長による横領であるという驚くべきものだったのです。

当時は報道陣も仮想通貨に関する知識は浅く、
なくなった事実のみに焦点があたってしいまい、事件の真相が放送されることはほとんどありませんでした。

また、大々的に取り上げられ続けたため、結果として
「ビットコイン」=「怪しい」というイメージが根付いてしまったのです。

上記のブロックチェーンの説明にもあるように、本来ならば起こり得ないことであり、もし起こっても不正であることがすぐに分かってしまう事例であると言えます。

今では管理に対しての改善が見られ、万が一ビットコインが消失した際の保証も手厚くなってきています。

ビットコインを取引するならここ!

ビットコイン取引におすすめの取引所

GMOコイン株式会社
FXでも有名なGMOが運営する販売所

ここがポイント
金融サービス提供のノウハウがあるから安心
販売所だから取引したい価格で売買できる
手数料無料
取扱通貨5種
最小販売単位0.0001 BTC
公式サイト
GMOコインへ登録

GMOコインはFXでも有名なGMOインターネットグループが運営する仮想通貨販売所です。

金融サービス提供しているだけあり、セキュリティや管理体制がしっかりしている点でも安心できます。

GMOコインは仮想通貨「販売所」であり、常に価格が変動している取引所と違って、提示された価格で取り引きしやすいといったメリットがあり、
取引に慣れていないという初心者にもおすすめです。

GMOコインでは仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』を提供中!

スマホ画面でチャートやテクニカル指標が確認でき、豊富な情報を頼りにスマホのみで仮想通貨取引が行えます。

キャンペーン情報
新規口座開設でビットコイン(20000satoshi)がもらえるキャンペーン実施中!

GMOコインの取扱通貨
ビットコイン、イーサ(イーサリアム)、ライトコイン、リップル、
ビットコインキャッシュ

ビットトレード
数百円から気軽に仮想通貨取引を始められる

ここがポイント
少額から取引が可能
優秀なスマホ取引ツールが人気
手数料0.2%
取扱通貨6種
最小販売単位0.0001 BTC
公式サイト
ビットトレードへ登録

ビットトレードは、FXトレード・フィナンシャルグループが運営し、金融サービス面でも信頼感のある取引所です。

ビットトレードでは取引最小単位が0.0001 BTCで、わずか数百円程度から仮想通貨取引が始められます。

また、初めての人にも分かりやすく、登録から実際の取引までの手順がわかる「スタートガイド」も用意されているので、これから取引を始めるという初心者も安心です。

ビットトレードはスマホに完全対応!
スマホだけでなくPCツールも自分好みにカスタマイズできるのもポイントです。

FX取引ツールが充実のFXトレード・フィナンシャルについてはこちら

ビットトレードの取扱通貨
ビットコイン、イーサ(イーサリアム)、リップル、ライトコイン、
モナコイン、ビットコインキャッシュ

bitFlyer(ビットフライヤー)
取引量・ユーザー数No.1!日本最大の取引所

ここがポイント
取引量・ユーザー数は日本トップクラス!
CMでもおなじみの仮想通貨取引所
手数料0.01%
~0.15%
取扱通貨6種
最小販売単位0.00000001
BTC
(=1 satoshi)
公式サイト
bitFlyer(ビットフライヤー)へ登録

テレビCMでもおなじみのbitFlyer(ビットフライヤー)は、
ビットコインの取引量が日本一の国内最大級の取引所です。

2017年9月には月間取引量・ユーザー数・資本金が国内最大となり、国内の有名大手企業も出資しています。

ビットフライヤーはセキュリティ対策にも注力し、取引ユーザーが安心して取引できる環境を整備。初心者であれば信用、セキュリティの両方で安心できるビットフライヤーがおすすめです。

また、ビットフライヤー経由でサービスを利用するとビットコインが貰えるなど、ビットコインや仮想通貨に関係する様々なサービスも提供しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の取扱通貨
ビットコイン、イーサ(イーサリアム)、イーサクラシック、
ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン