イーサリアムとは?仮想通貨の中でも上位人気の通貨-ガッツリ狙う!仮想通貨ナビ

注目を集めるイーサリアムとは?

イーサリアムとは

イーサリアム

通貨単位:ETH
時価総額:約14兆2,003億円(第2位)
価格:146,567円前後(1ETH)

参考:https://coinmarketcap.com/ (2018年1月現在)

イーサリアムは時価総額2位の仮想通貨です。(2018年1月現在)
ビットコイン以外の通貨全てに当てはまる、アルトコインのひとつとして扱われます。通貨単位は『ETH(イーサ)』です。

ビットコインの次に時価総額が高い人気の仮想通貨ですが、
最近はリップルとたびたび順位を争うようになってきました。

これは価格変動の起きやすい仮想通貨ならではの順位争いであり、今後も注目され続けそうです。

また、あのマイクロソフト社がイーサリアムの技術を取り入れるなど、その将来性に期待する動きも多く見られます。

そもそも「イーサリアム」は仮想通貨ではなかった?

そもそも「イーサリアム」は仮想通貨ではなかった?

イーサリアムは、最初の仮想通貨であるビットコインについて学んだヴィタック・ブリテン氏のアイディアによって誕生しました。

ビットコインの技術は、主にお金のやり取りのために使われます。

しかし彼は、この新しいインターネットの技術によって、
誰でもアプリケーションの開発・提供ができる基盤を作ろうと思いつきました。

そして実際に出来上がった基盤を「イーサリアム」と名付けます。

お金のやり取り以外にも、
イーサリアム上ではゲームなどのアプリケーションが開発・提供されています。

その中の機能のひとつとしてビットコインのような決済サービスもあり、
それに利用されている通貨名が「イーサ」となります。

仮想通貨の売買では、このイーサと言う通貨をを取引しているということです。

このように、もともと「イーサリアム」=「通貨名」ではないのですが、今ではイーサリアム自体を通貨として扱っているサイトも多くあります。

イーサリアムクラシックとの関係は?

イーサリアムクラシックとの関係

イーサリアムから分離した、
イーサリアムクラシック(ETC)という通貨が存在します。

名前の通り基本的な特徴は同じですが、別々のブロックチェーンに記録されています。いわばクローンのような存在です。

分裂と同時に、イーサリアムを所持している人には同等のイーサリアムクラシックが配られたため、その誕生と同時に多くの人が持っている通貨になりました。

そのため新しくできた通貨としては比較的素早く価値が上がり、
取引環境も整っています。

イーサリアムが値上がりするとその影響を受けやすく、将来性が一緒に期待される通貨でもあります。

イーサリアムを取引するならここ!

イーサリアム取引におすすめの取引所

GMOコイン株式会社
FXでも有名なGMOが運営する販売所

ここがポイント
金融サービス提供のノウハウがあるから安心
販売所だから取引したい価格で売買できる
手数料無料
取扱通貨5種
最小販売単位0.0001 BTC
公式サイト
GMOコインへ登録

GMOコインはFXでも有名なGMOインターネットグループが運営する仮想通貨販売所です。

金融サービス提供しているだけあり、セキュリティや管理体制がしっかりしている点でも安心できます。

GMOコインは仮想通貨「販売所」であり、常に価格が変動している取引所と違って、提示された価格で取り引きしやすいといったメリットがあり、
取引に慣れていないという初心者にもおすすめです。

GMOコインでは仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』を提供中!

スマホ画面でチャートやテクニカル指標が確認でき、豊富な情報を頼りにスマホのみで仮想通貨取引が行えます。

キャンペーン情報
新規口座開設でビットコイン(20000satoshi)がもらえるキャンペーン実施中!

GMOコインの取扱通貨
ビットコイン、イーサ(イーサリアム)、ライトコイン、リップル、
ビットコインキャッシュ

bitFlyer(ビットフライヤー)
取引量・ユーザー数No.1!日本最大の取引所

ここがポイント
取引量・ユーザー数は日本トップクラス!
CMでもおなじみの仮想通貨取引所
手数料0.01%
~0.15%
取扱通貨6種
最小販売単位0.00000001
BTC
(=1 satoshi)
公式サイト
bitFlyer(ビットフライヤー)へ登録

テレビCMでもおなじみのbitFlyer(ビットフライヤー)は、
ビットコインの取引量が日本一の国内最大級の取引所です。

2017年9月には月間取引量・ユーザー数・資本金が国内最大となり、国内の有名大手企業も出資しています。

ビットフライヤーはセキュリティ対策にも注力し、取引ユーザーが安心して取引できる環境を整備。初心者であれば信用、セキュリティの両方で安心できるビットフライヤーがおすすめです。

また、ビットフライヤー経由でサービスを利用するとビットコインが貰えるなど、ビットコインや仮想通貨に関係する様々なサービスも提供しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の取扱通貨
ビットコイン、イーサ(イーサリアム)、イーサクラシック、
ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン

ビットトレード
数百円から気軽に仮想通貨取引を始められる

ここがポイント
少額から取引が可能
優秀なスマホ取引ツールが人気
手数料0.2%
取扱通貨6種
最小販売単位0.0001 BTC
公式サイト
ビットトレードへ登録

ビットトレードは、FXトレード・フィナンシャルグループが運営し、金融サービス面でも信頼感のある取引所です。

ビットトレードでは取引最小単位が0.0001 BTCで、わずか数百円程度から仮想通貨取引が始められます。

また、初めての人にも分かりやすく、登録から実際の取引までの手順がわかる「スタートガイド」も用意されているので、これから取引を始めるという初心者も安心です。

ビットトレードはスマホに完全対応!
スマホだけでなくPCツールも自分好みにカスタマイズできるのもポイントです。

FX取引ツールが充実のFXトレード・フィナンシャルについてはこちら

ビットトレードの取扱通貨
ビットコイン、イーサ(イーサリアム)、リップル、ライトコイン、
モナコイン、ビットコインキャッシュ