モナコインとは?2ch発の人気仮想通貨

日本発祥の仮想通貨!
モナーコイン(モナコイン)とは?

モナコインとは

モナコイン

通貨単位:MONA
時価総額:501億円(第78位)
価格:886円前後(1MONA)

参考:https://coinmarketcap.com/ (2018年1月現在)

国産の仮想通貨として、身近に感じられるのがモナーコインです。

コインの絵柄に見覚えのある方もいるのではないでしょうか
これは、有名なアスキーアート、「モナー」をモチーフにしています。

他の仮想通貨と比べて可愛いらしいデザインですが、しっかりとした仮想通貨です。

ビットコインと比べてもその送金速度は速く、手数料も安くなっています。

開発途中であまり使えないとみなされる通貨も多い中、実際に使える通貨として注目を集めています。

モナーコインの使い道!その例をいくつか紹介

モナーコインの使い道とは

モナーコインは実用例がいくつか存在します。

例えば、

通貨としての利用ができ、買い物が可能

モナーコインが利用できる店舗が増えてきています。

秋葉原の実店舗で、取扱可能になったことが一時話題になりました。
その他にも一部サイト上で、モナーコインで買い物が出来る場合もあるようです。

今後も価値が認められれば、使用可能な店舗は広がっていきますし、非常に便利な使い方が期待できそうです。

twitterで投げ銭としてモナコインを送れる

twitterアカウントさえあれば誰でもつぶやくだけで簡単に、特定のユーザーにモナーコインが送れます。

イメージはチップに近いかもしれません。

個人情報が分からなくても、何か教えて貰ったり、絵を描いてもらった場合に気軽に送れるとして楽しまれています。

コミュニティが活発!愛されているモナーコイン

コミュニティが活発!愛されているモナーコイン

スポーツでも同じことですが、同じ国の人が作ったものは応援したくなりますよね。

日本発祥のモナーコインは、その誕生の経緯から多くの日本人に愛され使用されています。

使用方法もユニークで、最初は遊び感覚で始めていた人たちも、便利さに気が付いてのめりこんでいくことが多いとか。

モナーコインを取り囲むコミュニティも活発で、
「利益を出すこと」よりも「楽しみたい」という雰囲気をもって広がったとの見方もされています。

他の仮想通貨にはない独特の色を持った通貨ですが、その基盤は見た目以上にしっかりしています。

今後の成長ももちろん期待されていますので、引き続き注目されていくでしょう。