GMOコインの口座開設方法

仮想通貨取引を始めるには?
GMOコインへの登録方法

GMOコインの口座開設方法を解説

このページでは、GMOコインの口座開設のやり方を説明していきます。

GMOコインについて、詳しく知りたい方はこちらから
⇒GMOコインの詳細

アカウント作成には費用がかかりません。
維持費や年会費のようなものもないので安心です。

まずは会社ホームページへ

こちらよりまずGMOコインの公式サイトへ行きましょう。
下記のようなGMOコインのページへ行きます。

GMOコインの公式ページ

無料口座開設のボタンを押して、申し込みページへ移りましょう。

GMOコインの申込画面

「メールアドレス」の欄にお使いのメールアドレスを入力しましょう。

正しく入力出来たら、「私はロボットではありません」の項目にチェックを入れて、「無料口座開設」のボタンを押しましょう。

※facebookやGoogleIDでの開設も可能です。
その場合は登録しているメールアドレスに、登録内容のメールが送信されます。


パスワードの設定・ログイン

送信されたメールの内容のURLからパスワード設定に移りましょう。

GMOコインの登録・設定画面①

パスワードを入力して設定します。

大切な情報ですので、パスワードの使い回しは止めて、しっかりと管理をするようにしましょう。

GMOコインの登録・設定画面②

アカウントの作成はこれで完了です!

設定後はこのようなログイン画面に移りますので、入力して会員ページへ移りましょう。

GMOコインの登録・設定画面③

これだけではまだ仮想通貨の売買はできません。

基本情報を入力して、口座の開設を行いましょう。

因みに口座開設をすると、
20,000Satoshi分のビットコインがプレゼントされるキャンペーンも実施中
です!

申し込みには基本情報の入力が必要です。

GMOコインの登録・設定画面④

氏名や住所などを正しく入力、同意にチェックを入れたら「確認画面へ」を押しましょう。

入力内容が正しいか確認をしたら「確定」で次へ移ります。


本人確認の方法・アップロード

本人確認証

本人確認の書類を確認してもらうためには2つの方法があります。

一番手っ取り早いのが、写真を撮ってアップロードしてしまう方法です。

スマホで写真を撮ってアップロード

運転免許証など、項目にある書類を用意しましょう。

表面・裏面の画像を選択して、「確定をする」で完了です。

これで一旦「仮口座」の作成が終了します!
本口座を使うためには、GMOクリックの審査が必要です。

GMOコインの登録申し込みが完了

入力に不備がなければ追って連絡がありますので、口座開設コードの入力など案内に沿って登録を行いましょう。

⇒ GMOコインで口座開設

GMOコイン株式会社
FXでも有名なGMOグループが運営

ここがポイント
金融サービス提供のノウハウがあるから安心
販売所では取引したい価格で売買できる
手数料無料
取扱通貨5種
最小販売単位0.0001 BTC
公式サイト
GMOコインへ登録

GMOコインはFXでも有名なGMOインターネットグループが運営しています。

金融サービス提供しているだけあり、セキュリティや管理体制がしっかりしている点でも安心できます。

GMOコインの仮想通貨「販売所」は、常に価格が変動している取引所と違って、提示された価格で取り引きしやすいといったメリットがあり、
取引に慣れていないという初心者にもおすすめです。

販売所では一番人気の仮想通貨ビットコインを70円~(※)と非常に少額で取引可能!
(※1BTC=70万円の場合)

もちろん取引所の取り扱いもあります。

そしてGMOコインでは仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』を提供中!

スマホ画面でチャートやテクニカル指標が確認でき、豊富な情報を頼りにスマホのみで仮想通貨取引が行えます。

仮想通貨が初めての人でも安全&安心して始めることができる取引所です。

キャンペーン情報
新規口座開設でビットコイン(20000satoshi)がもらえるキャンペーン実施中!

GMOコインの取扱通貨
ビットコイン、イーサ(イーサリアム)、ライトコイン、リップル、
ビットコインキャッシュ

本サイト運営者について

川口 麻美

運営者:川口 麻美

FX取引歴は10年ですが仮想通貨は取引は1年半ほど、仮想通貨は集中してないため取引密度はFXに比べて大分落ちます。サイト運営歴も同じく1年半。
サイトを運営しつつユーザーの皆様とともに仮想通貨取引の上達を目指しています。

安心して仮想通貨を始めるために知っておきたい外部団体サイト・ページ

暗号資産(仮想通貨)の利用者のみなさまへ:金融庁

暗号資産(仮想通貨)に関するトラブルにご注意ください!:消費者庁

仮想通貨の相談の件数や傾向:国民生活センター